生命保険の配当金とは?

生命保険には、配当金の分配がある仕組みの「有配当の保険」と配当金の分配のない仕組みの「無配当の保険」があます。

「無配当の保険」に加入している場合は、契約終了まで、配当金を受け取ることはありません。

 

保険料は「予定死亡率」、「予定利率」、「予定事業費率」によって計算されます。

予定利率と実際に発生した金額の差益を余剰金と呼び、一定額の余剰金が発生した際には契約者にお金が還元されます。これが生命保険の「配当金」となります。

 

お金が戻ってくるというメリットがある有配当保険ですが、注意しなくてはならない点もあります。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

・有配当の保険は無配当の保険に比べて保険料が割高

・有配当でも、配当金がゼロになる場合がある

(経済動向や運用が低調で剰余金が得られない場合には配当金がゼロになることがあります。)

 

保険を選ぶ際は、配当金を狙うよりも保障内容が自身に合うかをしっかりと確認して選ぶと良いでしょう。

関連記事

新着情報

  1. 登録されている記事はございません。