経営者様に

経営者

(本気の企業防衛を考える経営者様を応援します)

会社の保険は税理士任せになっていませんか?
税理士や義理で勧められた保険に入っていませんか?

法人保険には多くの種類があり、ニーズや経営状態に応じて選ぶべき商品と活用法が違います。
また、公の共済制度を活用した方がよい場合もあります。

企業経営と生命保険は切っても切れない間柄です。
単純明快に、最も有効な活用方法は
一番少ない保険料で
あらゆるリスクに対応し
大きな保障を確保する

本当にそうなんでしょうか?

そこそこの保険料を支払って
そこそこのリスクに対応し
そこそこの保障を確保する
私たちは、そんな会社様をたくさん見てきました。

「大筋で間違ってなければ問題ない」
「生命保険はどこで加入しても同じようなものでしょ?」
そんなことを考えられる人もいます。

ですが生命保険は、長く加入し続ける性質の商品です。
確かに、1年ではそれほど大きな差が生じなくても、3年・5年・10年と加入し続けると
加入当初の選択ミスが取り返しのつかない差となって表れないとも限りません。

本当の企業防衛のためにはどんな保障が必要か確認してみませんか?

企業防衛のために保険で必要な手当てをするのは できる経営者の義務ですね。

また責任が重い経営者にぴったりの、経営者のメリットを活かした秘策もあります。



新着情報

  1. 登録されている記事はございません。