賢い学資作り

_r2_c2

「あなたは、大切なお子さんにどんな教育を受けさせたいですか?」

家庭によって考え方は違うと思いますが、普通は
幼稚園から小学校、中学校、高校、大学とすすむにつれ、
教育費の負担はどんどん重くなっていきます。

負担のアップに合わせて、収入もどんどんアップするのでしょうか。

親としては「子供には理想的な教育を受けさせたい!」と
真剣に考えていても、しっかり準備をしていかないと
「ウチはお金がないから、その学校はダメ」と
子どもに夢をあきらめてもらうことにもなりかねません。

子ども1人が大学を卒業するまでの学校教育費として、
幼稚園から大学まで全て公立で約1000万円、
すべて私立で約2500万円かかるといわれます。

びっくりするような金額ですが
すべて事前にためなければならないわけでは
ないのでご安心ください。

実際には、毎月の家計(収入)の中から
一定の金額は捻出できますので、

大きな金額が一度にかかり、
毎月の収入から出し切れないと思われる時(私立高校や
大学入学時など)までに準備をすればいいのです。

教育資金は生まれた時点で必要となる時期が決まる、
という意味では「計画がたてやすい資金」といえます。

お子さまの将来の選択肢を広げるだけでなく、親である
あなたの将来の生活を安定したものにするためにも、
早いうちからしっかりとプランをたてることが大事です。

ここで良く質問されるのは
「学資はどうやって作ったらいいの?」なんです。

貯金?保険?メリットデメリットは??

賢い学資の作り方、あなたに教えます

メール無料相談 または面談60分(5000円)



新着情報

  1. 登録されている記事はございません。