解約する場合の注意点は

契約している生命保険を解約するという場合は、いくつかの注意点・リスクを理解してから手続きを進める必要があります。

1、解約手続きができるのは契約者本人のみです。
例えば配偶者が保険料を負担している場合でも、配偶者側からは解約の申し出はできないので注意が必要です。
また、口頭での申し出や、保険料の払い込みを中止しただけでは、解約の手続きとみなされません。必ず所定の書類の提出が必要となります。

2、解約する際、その時点で解約返戻金があれば受け取れますが、保険の種類、契約していた期間、保険料などでそれぞれ違います。
解約返戻金がある生命保険であっても、これまでに払った保険料全てが戻ってくるとは限りません。

3、解約した時点で、契約は消滅します。
生命保険は加入時の年齢で保険料が決定します。
そのため、解約後にもう一度契約したいといった場合、再加入時の年齢の保険料になってしまう点も注意してください。

保障内容見直しの相談や、解約返戻金を利用した制度もあります。
生命保険は大切な備えとなりますので、解約は慎重に行うようにしましょう。

関連記事

新着情報

  1. 登録されている記事はございません。